普段思ったことや、雑記。

Menu & Search

React Nativeで「No bundle url present」というエラーが出たときの対処

2017年8月21日

※この記事はReact Native v0.49での出来事を記載しています。

すごく短いけど、開発中に何回か直面し、ありがちなのでメモ。ググるとおそらく多くはここに行くのではないか。

8081番ポートで起動するReact Native Packegerの残ったプロセスが悪さをしていることがあるので、そいつらを殺す

だいたい原因はこれだった。いくつかのReact Nativeアプリを行ったりきたりしたり、何らかの原因でときたま発生する。React Native PackegerとReact Nativeアプリのプロセスのポートを特定できて、それらにプロセスに終了命令を送れれば何でもよい(おそらくReact Native Packegerだけで大丈夫だが、念のためいつもアプリのプロセスも殺している)。

2017年12月3日追記:

結構色々な理由でこれのエラーメッセージが出てくるので、この記事を書いておいてなんだが、これでは解決しないことも結構あった。「No bundle url present」と出るのは、React Native Packagerのエラーメッセージがザルなためと思われるが、本記事の内容はとりあえず一つの解決策程度に。

mmiyauchi

プログラムを書きながらTranceを聴くのが良いですね。みなさんも聴いたほうがいいですよ、Trance。EDMよりハードトランスでしょ。

Related article

React Nativeでファイルの拡張子に「.jsx」を使用していたら、UnableToResolveErrorが出て困った

※この記事はReac…

React Native開発のつらい点まとめ

React Native開発のつらい点まとめ

React Nati…

Meteorのブームが来るか来ないと言われれば、来ないと思ってしまった件

2016年秋頃から、…

Discussion about this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。